スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤佑樹 能力

最終兵器彼女 Another love song mission 1 スペシャル限定版
出演:折笠富美子 /折笠愛 /三木眞一郎
東映
発売日 2005-08-05




前編だけなら星5つ 2007-03-24
発売当時の興奮を今でも覚えています。前後編の発売時期のずらし具合といい、この作品のリリースにあわせたアニメの再放送といい見事な盛り上げ方でした。良くぞ作ってくれたという思いは今も変わりません。

値段は高いと思いましたが、あの声優陣が再結集してドラマCDを出してくれただけでも、当時限定版を購入した価値はありました。本編での愛さんの名演技も引き込まれるものがあります。消え行く旧式、の悲哀と「大人の恋の終わり方」の哀愁を同時に出しています。

しかし、こうしたスピンオフ作品は終わらせ方が難しいんですね。後編は少々拍子抜け。設定、時間軸のずれなど不可解というか破綻がいくつか見られます。



作品の評価とは関係ないので余談になりますが、ドラマCDをあとだしで単体販売してしまったのはどうかと思いますよ。こういうことは事前に告知しないと限定版が限定でなくなってしまいますから。

特典ディスクがお勧め 2006-02-14
特典ディスクのオーディオドラマが、良いです。



なぜちせがシュウジに告白する事になったかが、語られます。

本編は、TV版の外伝みたいなものです。



原作ファンでアニメを敬遠されている方にも

このオーディオドラマは、お勧め出来ます。

見るべきでしょう 2005-07-17
この話は物語本編に登場する「テツ」という人物がいた戦場を見ることが出来るそうです。
「テツ」は主人公「シュウジ」の先輩で「ちせ」のいる戦場で戦う姿が原作で描かれているのですが今回のDVDではそれをより詳しく描かれているようなので楽しみです。
それから、「ちせ」は元々兵器としての力を持たされた訳ではなく戦争が起こったため「ちせ」に施されていた手術の処置が兵器としての能力を「ちせ」に与えてしまったというのが原作での設定だと思ってました。
でも今回最終兵器の試作機となった「みずき」という人物が出てくるので「ちせ」が最終兵器にさせられてしまった裏付けを見ることが出来そうなのでその辺も楽しみです。

期待 2005-04-07
最終兵器彼女は本当に泣ける物語でアニメでは1番好きな話です。今回OVAが出ると知ったときはうれしかったです。
今回の話は最終兵器「ちせ」が作られる前に最終兵器の試作機「みずき」と言う人物が出てきて「ちせ」と「みずき」の話がとても複雑になりそうでDVDが発売されるまで期待で胸がいっぱいです。
OVAではない普通の「最終兵器彼女」を見てない人はぜひ見てはどうでしょうか。かなりお勧めします。

待てない! 2005-04-04
「サイカノ」では、俺一番大好きなアニメて、このOVAでもチョークールと思っています。最終兵器でいったい何なんだ、俺も知りたいとおもいます、でも、シュウジはこのOVAでいないから、ちょっと残念ですね
≧≦
斎藤佑樹(早実→早大)について
斎藤佑樹(早実→早大)について全世代の女性の間で、何であそこまで異常なまでに人気あるんですか?投手としての実力をみても、甲子園と国体で優勝したとはいえ、投手としては同期の田中将大(駒苫→楽天)よりも評価が全然低く、仮にプロ入りしていたとしても即一軍なんて不可能なレベルです。ルックスをみても、たしかに端整ではあるけど、ダルビッシュ(東北→日ハム)みたいに芸能界でも通用しそうなくらい際立ってカッコいいってほどではありません。人それぞれ好みは違いますが、際立ってカッコいいほどじゃないっていうのだけは間違いないでしょう。知性をみても、早実も早大も学力的に超名門ですが、斎藤は高校は野球推薦(特待生?)大学はエスカレーターでの入学なので、学力なんて一切関係ありません。高校スポーツ選手の「学業も優秀だった」なんて話はたかが知れています。サッカーの平山(国見高→筑波大→ヘラクレス→FC東京)もかなりの優等生と言われていましたが、知り合いを通じて聞いたところ田舎の平凡校の中で、スポーツ選手にしては賢かったっていう程度だそうです。野球推薦の斎藤も、間違いなくその部類でしょう。ヤクルト古田やサッカー宮本のように一般入試で名門入学なら話は別ですが。ようするに、どこをとっても非の打ち所のない甲子園のスターだけに普通に人気がでるのは分かるし、普通の人気者ってレベルなら納得なのですが、逆に際立って凄い所もないのに、あれだけの騒がれ方は異常すぎでは?と感じるんですが、いかがでしょうか?(続きを読む)



中田、開幕1軍当確!日本ハム野手登録20人可能に
「ハンカチ王子」こと早大の斎藤佑樹、「ハニカミ王子」ことゴルフの石川遼らを超える存在に成長することを期待した。総帥の発言を伝え聞いた“キング”中田は「王様ッスか? 目指します!」と気合十分だった。 参照元:スポーツ報知.(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。