スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤佑樹 君

最終兵器彼女 Another love song mission 2 (完) 通常版
出演:折笠富美子 /折笠愛 /三木眞一郎
東映
発売日 2005-09-21




ちせだけでない、他の者達への。 2007-01-28
アナザーストーリーとは、ちせの他にちょい役だったり虫ケラのように死んでいく兵隊達のストーリーも汲んでいたりするから、そこはよかったと言えます。
個人的に。
シュウちゃんには見せないちせの本音もそこに表れておりましょう。

最終兵器彼女 Another love song を見て。その2。 2006-06-27
DVDに収録されたキャストや制作スタッフのインタビューなどを見ても、(テレビシリーズと共に)作り手の

思い入れがひしひしと伝わる作品である。多方面からのエネルギーの集約で生まれた作品らしく、見応え十分の

美しい作品になった。今回戦場のちせを見つめる視点としてミズキというもう一人の生体兵器が登場する。ちせ

の思念を共有するという特異なポジションに立たされるミズキはこの外伝的物語のヒロインであると共に、人間

と兵器の間で引き裂かれた存在ちせの孤独と絶望、それと矛盾する恋という希望を見つめる目としての役割を担

っている。ミズキはちせに言う。自分も誰かを好きになったことがある。自分も血の通った人間だったんだ。あ

なたを見ていてそのことを思い出したと。この言葉は「兵器になった自分でも」という意味ではなく、「父親の

背を見て立派な軍人になることだけ考えてきた自分でも、恋をしたり感情のままに生きることなど知らなかった

自分でも」という自身の生い立ちを自嘲的に振り返っているのだが、ミズキは戦場で再会したテツへの想いを、

ここで初めて明確に認識しているのかもしれない。そして世界の終焉の予感を否定できなくなった戦況の中で、

なおその想いだけが自分にとって価値の変わらないものだということを感じているのだろう。嘆いてみても後戻

りなどできない彼女は自分の恋を胸の奥に隠したまま最後まで軍人としての生を全うしようとする。でもちせに

対しては「あなたは兵器なんかではなく人間なのだ」と訴える。ここには本当に何が大切か、ちせはそして私は

どうしたかったかというミズキの心底からの願いがある。ちせにとってもミズキは戦場における孤独を僅かでも

和らげる存在だったと思う。「ミズキが語る物語」の後に続くちせの運命の加速を思えばそんな願いも虚しく思

えるが、たとえ一時でもちせを優しく見つめたミズキの愛と共感の眼差しに救いを覚えずにはいられない。

う~ん、なかなか!! 2005-12-06
 もっ、おしいっ!おしすぎる!!尺がっ!尺が短いっ!!

 ボク的には本編よりこっちの方がツボだった。なんてったってボク大好きなのよ、女と女の友情、みたいの。だけど、ほんと30分+30分じゃ短すぎる!!もっと,ちせとミズキのからみが見たかった。どうせなら本編のほうにこれを入れ込んで、戦場と北海道での日常を平行して見せてくれれば完璧なのになぁ。ちせもミズキもはたまたテツも人生があり、家があり、恋人がいるわけさ。これをもっとしっかり表現していけば厚みがでていいと思うんだけどねぇ。もともとの設定がべらぼうに不条理な形で始まってるわけで、戦争やってるみたいだけどその理由やら過程やらが全部すっ飛んでいるんだから、下手すると完全に意味不明な不条理アニメになりかねない。けどキャラの造形はとっても感情移入がしやすいリアルなもの。そこでなら徹底的にキャラのディテールかきこんで、キャラとキャラの交流を中心に描けば、もっと魅力的な作品になるはず。ミズキっていう、ある意味とってもおいしい部分にいるオリジナルキャラを出したんだから、どうせなら彼女をちせがどう思っているのか、どう感じているのかまで細かく描いてくれればよかったのに。そのためにはやっぱり尺だ。キャラの深いとこ描くためには時間がどうしてももっといるよね。あぁ、やっぱりおしいなぁ・・・。

 ストーリー的には残念感があったけど、やっぱりいいわ、折笠富美子・ちせ。折笠愛さんが、きゅう~、ってしたくなるっていうのも分かる分かる。とくに「ごめんね」っていうセリフ。つぼ。イントネーションが違うんだよね。そこがなんだかいもっぽくて、ちせらしくて、もう、かわいすぎ。どんどん削られて、どんどん純粋になっていく、ちせのけなげな想いを別な視点から見れるってだけでも、この作品見てよかったと思ったな。

「兵器ってやってみないとわかんないよ★ 苦労とか。」 2005-09-30
OVA版完結編です。第一巻ではあまり見られなかったミズキの優しさや、自らを制御出来なくなり始めたちせの苦悩が描かれています。原作やテレビ版と比較しながら見ると、より感慨深いものがあります。
本編にはシュウジが姿を現すことはありませんが、原作者の高橋しん先生がかきおろした、疎外感を感じている(笑)シュウジのイラストが入ってます。
 愛子さま
 愛子さま亀田史郎亀田興毅亀田大毅亀田和毅沢尻エリカ朝青龍今田耕司タモリ長嶋一茂みのもんた矢井田瞳明石家さんま和田アキコ細木数子王貞治長澤まさみ長嶋茂雄榮倉奈々松田聖子小島よしお相武紗季小泉純一郎ピーコ小泉孝太郎宮崎あおいイチローおすぎ川島なお美松井秀喜大塚愛小倉智昭ソニン小栗旬あびる優松坂大輔松たかこ郷ひろみはしのえみヒロミIKKO佐々木恭子石田純一長谷川京子斎藤佑樹蒼井そら東国原英夫蒼井優山咲トオル藤井隆矢田亜希子田中将大柴咲コウ山下清高島彩ジャガー横田押尾学志田未来平井堅中野美奈子久本雅美眞鍋かをり松嶋菜々子浅田真央タフィ・ローズ浅田舞ルー大柴中川翔子伊集院光若槻千夏細山貴嶺蛯原友里福原愛佐藤由規もんたよしのり西川史子中田翔松浦あや金正日上田桃子マイケル・ジャクソン安藤美姫にしおかすみこランディ・ジョンソン守屋武昌宮里藍井上康生夏帆あべこうじ横峯さくら中田英寿ギャル曽根藤岡弘。深田恭子オシム叶恭子くじら神田うのビリー・ブランクスほしのあき中村俊介つんくスザンヌ江頭2:50伊東美咲ダンディ坂野森山直太郎森山直子ぐっさん絢香はなわゴッツ石島ガッツ石松里田まい陣内孝則前田智徳菅山かおる福澤朗後藤真希ピンピン君島田伸助山田五郎新垣結衣清水アキラ中尾彬アレックス・ロドリゲス大沢あかね張本勲MINMI関口宏モンキッキー森泉加藤晴彦高橋由伸石垣勇磨浅尾美和松本人志金本知憲千原ジュニア亀梨和也清原和博波田陽区阿部寛阿部慎之介阿部サダヲ飯島愛イジリー岡田工藤静香福山雅治青木さやか木村拓哉木村拓也みんな集まったらどうなりますか?(続きを読む)



ハンカチ王子とマスコミに反逆
なんですか、この前の斎藤佑樹は。 言うにことかいて、「もうハンカチ王子と呼ばれたくない」だとぉ~。 今まで散々、「王子」、「王子」ともてはやされて、チヤホヤされて、 今頃になってその重圧に耐え切れなくなったのか単に恥ずかしくなったのか知ら ...(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。